幸せな時にさかのぼる「ペパーミント・キャンディー」

≪ 染色体移植実験を追う海兵隊の精鋭たち「DOOM/ドゥーム」
映画紹介・「アンストッパブル」 ≫

幸せな時にさかのぼる「ペパーミント・キャンディー」の説明・情報矢印

幸せな時にさかのぼる「ペパーミント・キャンディー」

ある平凡な男の半生を
韓国の時代の流れに重ねて
時間を遡りながら描いた映画、
「ペパーミント・キャンディー」を見てみませんか?

選ばなかったことで失ったものを回想する男に、多くのどこかで人が共感するでしょう。




始まりは、1999年の春。久しぶりに集まった労働組合の元仲間たちは、ピクニックにやって来ていました。そこに現れたのは、すべてを失い自暴自棄になっているヨンホ(ソ?ル・ギョング)。彼は楽しげに過ごす元同僚を尻目に、鉄橋によじのぼり、向かってくる列車に両手を広げて立ちはだかるのでした。

その三日前、ヨンホは自殺を決意していました。突然彼の前に現れた男に自分の荒み切った生活への苦悩をぶつけると、男はヨンホの初恋の相手スニムが会いたがっていると言っ?て、ヨンホを連れ出します。男は、スニムの夫だったのです。


ヨンホは、危篤状態のスニムにペパーミント・キャンディーを差し出し、泣きながら謝ります。そして、スニムの夫から、古いカメラを渡されるのでした。

時は94年夏に戻り、妻の不倫現場を押さえるヨンホ。彼もまた、会社の事務員と不倫をしているのでした。トイレで隣り合った男に、ヨンホは「人生は美しい、だろう?」と声?をかけます。

1987年春、ヨンホはある男を逮捕し、拷問で自白を強要します。自白した男に、ヨンホは「人生は美しい」と書いた日記は真実なのか?と問います。


1984年の秋、新米刑事のヨンホは、労働組会員に拷問する日々でした。そんな時、スニムが訪ねてきますが、彼は邪険に扱い、スニムが貯金で買ったカメラをくれても、すげ?なく返してしまいます。その夜、ヨンホは後の妻となるホンジャをホテルに誘うのでした。

1980年5月、光州事件で戒厳令下で軍にいたヨンホが暗闇の中で足にけがを負っているところへ女子高生が通りがかり、ヨンホは誤って彼女を撃ち殺してしまいます。

1979年秋、20歳のヨンホは、仲間たちとピクニックをしています。スニムに写真家になりたいという夢を語る彼は、人生で最も美しい瞬間をかみしめます。スニムは、ペパ?ーミントキャンディをヨンホに差し出し、ヨンホは道端に咲いていた花をスニムに差し出すのでした。

そして、時は20年後の1999年春に戻り、ヨンホは鉄橋の上で列車の前に立ちはだかって...。



実はこの映画、日韓合作もので、日本からはNHKが制作に参加しています。

カテゴリ:映画 タグ:映画

関連ハウツー動画

趣味のカテゴリ一覧

▲幸せな時にさかのぼる「ペパーミント・キャンディー」のページ上へ