ハウツー動画eduTOP > 音楽 > ピアノ基礎 > ピアノの上手な練習方法

ピアノの上手な練習方法



ポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

埋込タグ:
※そのままコピーしてサイト・ブログに貼り付けて下さい

ピアノの上手な練習方法の説明・情報

ピアノの上手な練習方法

たくさん練習しているのにピアノが上達しない・・・そんな時は練習方法を見直すのもよいかもしれません。ここでは良い練習方法について解説します。


時計を見ないようにしましょう。
「何分(何時間)練習する」というふうに決めていると、練習時間ばかりに目が行ってしまいます。もっと練習したい気分なのに、時間が来たからという理由で終わらせたりして?いませんか?
1日何分、という練習方法は捨てましょう。代わりに、目標を決めてそれが達成できるまで練習するようにしましょう。


練習はウォーミングアップから始めましょう。スケール、アルペジオ、簡単な曲などをやりましょう。ただし、これは運動前のウォーミングアップのようなものですので、2〜3?分くらいにとどめましょう。


初めての曲は、まず最初から最後まで通して弾いてみましょう。片手ずつでもよいです。その際、練習や注意が必要な箇所をチェックしてください。


チェックした箇所に基づいて、練習の目標を立てましょう。
例えば「今日は楽譜の最初の2行を、両手で弾けるようにする」などです。時間は気にせず、目標が達成できるまで練習しましょう。


曲の最後まで、上記3〜4を繰り返して練習しましょう。弾けるようになった部分も復習してください。
疲れたなと思ったら、残りの部分は次の練習へまわしましょう。頑張りすぎるより、気持ちを新たにして再開した方が効果があるものです。


練習の最後には、好きな曲を弾くなど、楽しいことをしましょう。

タグ:ピアノ 練習方法

カテゴリ:ピアノ基礎

関連ハウツー動画

音楽のカテゴリ一覧

▲ページ上へ