ハウツー動画eduTOP > 音楽 > ベースその他 > ベースメンテナンス 1番簡単なネックの反りの見方

ベースメンテナンス 1番簡単なネックの反りの見方

このエントリーをはてなブックマークに追加

埋込タグ:
※そのままコピーしてサイト・ブログに貼り付けて下さい

ベースメンテナンス 1番簡単なネックの反りの見方の説明・情報

ベースのトラブルの中で最も一般的なネックの反り。
まず、ネックが順反っていると
弦高が下げられない
ビビりやすい等の症状が起きます。

逆反りの場合
全てのフレットでビビりが生じたり音詰まりがおきます。

反りは一見しただけでは分かりませんが、
動画の中で紹介している
1Fと最終Fを押さえてたたいてみると反り具合が分かります。
このほかにも、ヘッド側から見て判別する方法もありますが
この方法が1番分かりやすいと思います。
とはいってもこの方法も万能ではなく、
ある程度しか見ることができません。
しっかりと判別する場合は、それなりの経験が必要になります。

調整は楽器店ですることをオススメしますが、
調整に出す前に自分の楽器がどういう状態か
ある程度は知っておきましょう!

関連ハウツー動画

音楽のカテゴリ一覧

▲ページ上へ