ハウツー動画eduTOP > 音楽 > ベースその他

-スポンサード リンク-

ベースその他一覧

全16件中 1〜20件表示  << 最初  < 前へ  1  次へ >  最後 >> 

  • ベースレッスン講座 :エレキベースのチューニング実演

    チューナーの使い方。日本を代表するプロベーシスト直伝!エレキベース初心者のためのベース教則DVD。ベースギター初心者でも、最初からカッコイイ曲を弾きたい!という?夢を叶えます。完全オリジナル曲使用で個別レッスン形式の今までにない笑えて楽しいベースレッスンDVD。ツライ練習はやめて、楽しい曲で練習しよう!

    タグ:ベース エレキベ−ス チューニング

    ベースレッスン講座 :エレキベースのチューニング実演
  • ベースメンテナンス 1番簡単なネックの反りの見方

    ベースのトラブルの中で最も一般的なネックの反り。
    まず、ネックが順反っていると
    弦高が下げられない
    ビビりやすい等の症状が起きます。

    逆反りの場合
    全てのフレットでビビりが生じたり音詰まりがおきます。

    反りは一見しただけでは分かりませんが、
    動画の中で紹介している
    1Fと最終Fを押さえてたたいてみると反り具合が分かります。
    このほかにも、ヘッド側から見て判別する方法もありますが
    この方法が1番分かりやすいと思います。
    とはいってもこの方法も万能ではなく、
    ある程度しか見ることができません。
    しっかりと判別する場合は、それなりの経験が必要になります。

    調整は楽器店ですることをオススメしますが、
    調整に出す前に自分の楽器がどういう状態か
    ある程度は知っておきましょう!

    タグ:ネック メンテナンス ベース

    ベースメンテナンス 1番簡単なネックの反りの見方
  • ベースメンテナンス ポットのガリのメンテナンス

    ポットのガリは
    ホコリや汚れなどが内部に付着するとおきます。

    何度かノブを回すと直る事もありますが、改善しない場合は
    このように接点洗浄剤を吹きます。

    タグ:ポット ガリ メンテナンス ベース

    ベースメンテナンス ポットのガリのメンテナンス
  • ベースレッスン ハーモニクスでのチューニング

    ハーモニクスでチューニングする方法を解説してみました
    個人練習の時はこうすることで音感を見につけていけます。

    タグ:ハーモニクス チューニング ベース

    ベースレッスン ハーモニクスでのチューニング
  • ベースレッスン チューニングについて

    太い弦からE、A、D,Gの順にあわせていきます。

    タグ:チューニング ベース

    ベースレッスン チューニングについて
  • ベース講座 プリアンプのススメ SANSAMP BASS DRIVER TECH 21 NYC

    アウトボードプリアンプ
    SANSAMP BASS DRIVER TECH 21 NYCをいじってみました
    最終的に一体この人は何が言いたいんだ?みたいな動画になってしまいました(笑)

    タグ:プリアンプ ベース

    ベース講座 プリアンプのススメ SANSAMP BASS DRIVER TECH 21 NYC
  • ベース講座 弦の交換手順

    弦交換を解説してみました

    タグ: 交換 ベース

    ベース講座 弦の交換手順
  • ベース講座 JAZZBASSの説明書

    JAZZBASSのコントロール部の解説です。

    意外と多彩な音作りが出来る
    ジャズベ

    今回から撮影方法を変えてみましたので
    音質&画質が格段に良くなっているはずです。

    タグ:ジャズベース ベース

    ベース講座 JAZZBASSの説明書
  • ベース講座 ベース本体以外に必要なもの2/2

    ベース本体以外に必要な物
    最低限必要な3つを解説しています

    タグ:ベース

    ベース講座 ベース本体以外に必要なもの2/2
  • ベース講座 ベース本体以外に必要なもの1/2

    ベース本体以外に必要な物
    最低限必要な3つを解説しています

    自宅用ベースアンプは
    10W〜20Wぐらいが丁度良いと思います。

    各メーカーから5000円〜1万円前後ぐらいで
    出ています。
    ちなみに動画で写っているアンプは
    VOXのTA-15というものなんですが
    現在は生産終了しています。


    シールドは500円ぐらいから
    ありますがなるべく1000円以上のものを買うと良いと思います。
    高いもので1万円以上するものもありますが、
    最初は高くても3m2千円ぐらいのもので十分です。

    僕が使っているのはベルデン8412というもので
    4000円ぐらいだったはずです。

    チューナーは2000円前後ぐらいで
    各メーカーから出ています。
    動画で紹介しているのは
    KORGのCA-30というもので
    ギター、ベース用チューナーの中で
    一番多く見かけるタイプです

    タグ:ベース

    ベース講座 ベース本体以外に必要なもの1/2
  • ベーシストのための音楽理論6

    今回は7度の音程を足したコードを解説します。

    〇M7は

    ・ルート音
    ・M3rd
    ・P5th
    ・M7th

    で構成されており

    〇m7は

    ・ルート音
    ・m3rd
    ・P5th
    ・m7th

    〇7は

    ・ルート音
    ・M3rd
    ・P5th
    m7th

    という構成音になっています。

    文章で見るととてもややこしそうですが、

    ベースの指板でルート音からの位置関係で見ると
    意外と理解しやすいと思います。

    タグ:音楽理論 ベース

    ベーシストのための音楽理論6
  • ベーシストのための音楽理論5

    前回のメジャーコードに続いて
    マイナーコードの解説です。
    前回の4の動画の時の
    メジャーコードに対して

    3度が半音下がって

    マイナー3rdという音に変ると

    暗い響きの和音になります。

    タグ:音楽理論 ベース

    ベーシストのための音楽理論5
  • ベーシストのための音楽理論4

    今回からコードの解説になります。
    スケール同様に
    ずらすだけであらゆるコードを弾くことが出来る事がポイントで、
    ルート音さえ見つけることが出来れば
    すぐに3度、5度の位置を見つける事が出来ます。

    楽曲をコピーする際に
    このコードを見て
    ルート音、3度、5度がどのくらい使われているかを
    確認してみると後々役立つと思います

    タグ:音楽理論 ベース

    ベーシストのための音楽理論4
  • ベーシストのための音楽理論3

    ベーシストのための音楽理論2で解説した
    ドレミファソラシドに聞こえるメカニズムを
    元に「Gメジャースケール」と「Fメジャースケール」
    を解説しています。

    楽譜にシャープやフラットなどがついているのは
    ドレミファソラシドを作るために帳尻あわせである事が分かると思います。

    ベースの場合楽譜が読めなくても
    ずらすだけで様々なキーをを弾くことが出来るという
    便利な特性があります。

    タグ:音楽理論 ベース

    ベーシストのための音楽理論3
  • ベーシストのための音楽理論2

    今回は
    ドレミファソラシドに聞こえるメカニズムを解説しています。

    ド〜レ=全音
    レ〜ミ=全音
    ミ〜ファ=半音
    ファ〜ソ=全音
    ソ〜ラ=全音
    ラ〜シ=全音
    シ〜ド=半音

    この音の間隔が
    耳なじみのある
    ドレミファソラシド
    を作っています。

    このドレミファソラシドの事を

    メジャースケールと言い

    Cからはじまるメジャースケールの事を

    「Cメジャースケール」と呼びます

    タグ:音楽理論 ベース

    ベーシストのための音楽理論2
  • ベーシストのための音楽理論1

    ベーシストに向けた音楽理論の解説です。

    イタリア語:ドレミファソラシド
    英語   :CDEFGABC

    ギターやベースなどの楽器は
    英語の音名が良く使われます。
    また
    日本語:ハニホヘトイロ
    なんてのもあります。

    タグ:音楽理論 ベース

    ベーシストのための音楽理論1

全16件中 1〜20件表示  << 最初  < 前へ  1  次へ >  最後 >> 

▲ベースその他のページ上へ