ハウツー動画eduTOP > 音楽 > バイオリン

-スポンサード リンク-

バイオリン一覧

全22件中 1〜20件表示  << 最初  < 前へ  1 2  次へ >  最後 >> 

  • バイオリン :ビブラートの練習

    バイオリン教室
    ビブラートを掛けるときは左人差し指の付け根を
    ネックから離します。

    タグ:ビブラート バイオリン

    バイオリン :ビブラートの練習
  • バイオリン :スピッカート(ソーティエ)の練習

    弓の重心あたりで弓の張力を利用して弾ませます。

    タグ:バイオリン

    バイオリン :スピッカート(ソーティエ)の練習
  • バイオリン :リコッシェサルタートの練習

    ダウン(下げ弓)で弓を落とした反動を利用して
    音を繋げる奏法です。

    タグ:バイオリン

    バイオリン :リコッシェサルタートの練習
  • バイオリン :音階練習

    さきほど、イ長調で音階練習のやり方の動画を撮影しました

    イ長調はバイオリンではとっても押さえやすくはじめはこの長調から
    練習するとやりやすいと思います。

    音階は、ピアノのハノンと一緒で、バイオリンでも非常に重要で
    バイオリンを弾く以上ずっと練習し続ける必要があります。

    ここではその基礎になる部分をご説明させていただきました。
    下りの移弦のときに1の指は前の弦に残したまま、次に移動する弦上で
    4と3の指を待機させて準備するということがポイントですね。

    タグ:バイオリン 音階

    バイオリン :音階練習
  • バイオリン :肩当を使われる方の注意点

    肩当を使ってバイオリンを演奏される方がどのような点に注意をすればいいかを簡単にご説明させていただきました。

    タグ:バイオリン

    バイオリン :肩当を使われる方の注意点
  • バイオリン :肩当なしでのビブラートの練習方法

    肩当なしでバイオリンを構えられている方がどのようにしてビブラートの
    練習をしたらいいのかを簡単にご説明させていただきました。

    肩当を使わず左手で楽器を持ってバイオリンが弾けるようになると
    背筋が伸びて気持ち良く楽に音が出せるようになれます。
    しかし、難関はこの「ビブラート」です。
    人差し指の第3関節をネックに固定させてしまうとビブラートが
    かけられないからです。

    タグ:バイオリン ビブラート

    バイオリン :肩当なしでのビブラートの練習方法
  • バイオリン :指弓の練習(Colle' Bowing)

    バイオリンで美しい音を奏でる奏法のひとつに指弓があります。
    元弓できれいに弓を返すのにはこの指弓は不可欠ですね。

    先弓で演奏する場合は弓の重みがかからないので腕の重みをかけて
    演奏することが多いと思いますが、元弓では逆に弓の重力がかかってきて
    普通に弾くと音が潰れてしまいます。
    それを補うのに指弓は非常に重要です。
    あと、スピッカートや移弦でも指弓ができるとスムーズに行えますので
    是非身につけたい奏法ですね。

    タグ:バイオリン 指弓

    バイオリン :指弓の練習(Colle' Bowing)
  • バイオリン :肩当なしでのバイオリンの構え方

    楽器の構え方往年のバイオリンの巨匠達はバイオリンを左手で持って構えていてとても姿勢がいいですよね。

    バイオリンの肩当は20世紀を代表する今は亡きバイオリンの巨匠メニューインが考案したと考えられていますが、メニューイン自信は肩当をしていませんでした。



    現代を代表するバイオリニストでもパールマンやズッカーマン、ムター、キュッヒル、レイ・チェンなど 、日本でも江藤門下の方やN響のコンマスなど優秀なバイオリニストが肩当をしていません。


    肩当が悪いわけではありませんが、肩当なしで弾けるメリットは多く、楽器本来の音が 出せるだけでなく、鎖骨から直接自分の音を感じ取ることができます。

    また、楽器は鎖骨に乗せて顎で万力のように挟みこまないことによって身体への負担も非常に少なくいい姿勢を保つことができます。

    肩当を子供のころから使っておられる演奏家や指導者の方はたくさんいらっしゃると思います。

    肩当がないと楽器が滑り落ちて自分では絶対に無理だと思わないで時間があるときに是非一度 試してみていただきたいですね。(本番が間近に迫っているときは避けてください)

    1年ほど頑張ってい練習していただけるときっと慣れてポジション移動もビブラートもできるようになれると思います。

    肩当をされるにしても、頼らずに楽器が構えられるのと無かったら全く演奏ができない のでは全然違います。

    子供のころから「絶対肩当をしないといけない」と教えると大人になってもその概念が 消えず、首が痛くなったり肩コリに悩まされたり練習しすぎて腱鞘炎になったりと 悩まなくてはいけなくなるケースが多いと思います。



    子供さんにもよりますが、私は肩当なしで弾ける子はやはりそのように教育する事が非常に大切だと思うのです。折角、肩当なしで持てているのに「楽器は左手で持つのではなく 肩と顎で挟んでもちなさい」と未だに押しつけている教師がいらっしゃると聞きます。

    教師は自分が肩当が無いと弾けないからということでそれを生徒に強要してはいけません。



    この動画は左手で楽器を支える方法を簡単にご説明しました。

    ここでは左手第3関節で支えていますが、肘をもっと内側に入れて親指の方でネックを 支えて構えられる方もいらっしゃいます。 (シェリングなど)

    どちらがいいかというのは肘がどれだけ内に入れられるかどうかということも判断材料に なると思います。 ご参考にしてみてください。

    タグ:バイオリン 構え方

    バイオリン :肩当なしでのバイオリンの構え方
  • バイオリン :構え方

    ビオラの第一人者プリムローズ式の楽器の持ち方です。
    肩当は使わず、鎖骨に楽器のコーナーを直接乗せ
    ネック部分は親指と人差し指の付け根で支えます。

    タグ:バイオリン 構え方

    バイオリン :構え方
  • バイオリン :弓の持ち方

    バイオリン、或いはヴィオラの弓の持ち方を親指を中心にマーキングも
    行って正確な指の位置をわかりやすく説明しました。
    弓の持ち方を変えるだけで大幅に音色が良くなることもあることもあります。
    指弓がうまくできない方も持ち方に問題があることがありますので
    この動画をご参考にしていただけると嬉しいです。

    タグ:バイオリン 構え方

    バイオリン :弓の持ち方
  • バイオリン :重音練習 ト長調(G-Dur・G-Major)

    バイオリンの和音・重音練習用のサンプルです。

    タグ:バイオリン イ長調

    バイオリン :重音練習 ト長調(G-Dur・G-Major)
  • バイオリン :重音練習 イ長調(A-Dur・A-Major)

    バイオリンの和音・重音練習用のサンプルです。

    タグ:バイオリン イ長調

    バイオリン :重音練習 イ長調(A-Dur・A-Major)
  • バイオリン :ボーイング解説 実践編3

    より詳しいボーイングの解説の3本目(3分割)です。ボーイングの実践的な解説です。弓先でのボーイングの話題です(弓先が届かない、右腕が引けてしまう、等)。弓の持ち?方についてもポイント解説してます。

    タグ:ボーイング バイオリン

    バイオリン :ボーイング解説 実践編3
  • バイオリン :ボーイング解説 実践編2

    より詳しいボーイングの解説の2本目(3分割)です。ボーイングの実践的な解説です。ボーイングするときの指や手の使い方です。

    タグ:ボーイング バイオリン

    バイオリン :ボーイング解説 実践編2
  • バイオリン :ビブラートの練習方法2・親指関節の柔軟性

    どうしてもビブラートが、チリメンビブラートになってしまう方は、親指の関節が柔軟になっているか注意してみて下さい。
    左手の親指の関節を柔軟にしてビブラートする練習方法を紹介します。

    タグ:ビブラート バイオリン

    バイオリン :ビブラートの練習方法2・親指関節の柔軟性
  • バイオリン :ビブラート練習★練習をはじめる前に/腕と手首のビブラート

    ビブラート特集の1です。ビブラートの練習をはじめる前に、確認しておかなければならない事を解説しています。あと、腕からかけるビブラートと手首からかけるビブラートの?違いト使い分け等について解説しています。

    タグ:ビブラート バイオリン

    バイオリン :ビブラート練習★練習をはじめる前に/腕と手首のビブラート
  • バイオリン :ビブラート練習★ビブラートの弾き方(2/2)

    ビブラート特集★ビブラートの弾き方(1/2)のつづきです。先にビブラートの弾き方(1/2)をご覧ください。

    タグ:ビブラート バイオリン

    バイオリン :ビブラート練習★ビブラートの弾き方(2/2)
  • バイオリン :ビブラート練習★ビブラートの弾き方(1/2)

    バイオリンのビブラートの弾き方解説です。ビブラート特集のビデオは、先にアップしたビブラートのコツに対していただいたコメントと質問を反映して、まとめなおしたもので?す。先の解説と重なる箇所もありますが、合わせてご覧ください。ビブラートの弾き方の前半1/2です。後半2/2をつづけてどうぞ。

    タグ:ビブラート バイオリン

    バイオリン :ビブラート練習★ビブラートの弾き方(1/2)
  • バイオリン :イ短調音階/アルペジオ(a-moll・A-minor)
  • バイオリン :ホ長調音階/アルペジオ(E-Dur・E-Major)

全22件中 1〜20件表示  << 最初  < 前へ  1 2  次へ >  最後 >> 

▲バイオリンのページ上へ