ハウツー動画eduTOP > 生活 > 地震対策タグ

-スポンサード リンク-

地震対策タグ一覧

全5件中 1〜20件表示  << 最初  < 前へ  1  次へ >  最後 >> 

  • 地震後に役立つ意外な対策

    地震後に役立つ意外な対策


    日本に住む人なら誰もが心配な地震。
    もし大地震が起こった後、家自体には住める状態でも、ガス・水道・電気が止まった時に、知っておくと役に立つ対策を、実際に阪神淡路大震災を経験した筆者がお教えします。


    『風呂場の水は、翌日の風呂掃除までは抜かない。』
    これは、地震で水道が止まってしまった時、トイレを流す時の水として使えます。
    水道が止まると、用を足した後水がないとどうしようもありません。
    この風呂の水をトイレのタンクに入れればよいのです。
    汲み取り式だったら必要ありませんが・・・



    『懐中電灯とラジオは分かるところに置いておく。』
    色々と震災グッズが売られていますが、何よりこの二つは必須です。
    夜中の地震で停電になってしまうと、本当に何もできません。
    このときに懐中電灯があるのとないのとは、全く違います。
    部屋の分かりやすいところに常備しておくべきです。
    (アロマ用のろうそくでも役に立ったりしますが)

    また、普段ラジオなんて聞かないという人も、乾電池式のラジオがあると、便利です。
    なぜなら、テレビやネット等が使えないため、情報を得る手段はラジオしかないんです!(携帯のネットからも情報を得ることができるとは思いますが、おそらく混乱時にはあま?り使えない可能性が高いのでは...というのはあくまでも私の推測ですが)
    ちなみに、阪神淡路大震災では、携帯がまだ一般人には普及していない時代でした。


    『非常食は、カップラーメン、レンジでチンする食べ物はNG。
    電気・ガス・水道も止まった状態でも食べれるものという発想が必要。』
    鳥インフルエンザ対策等とは異なり、電気・ガス・水道が止まっているので、これらを使わなければ食べれない物は、地震の際にはNGです。
    日持ちのするパンや、缶詰、カロリーメイトのようなものがよいでしょう。



    『カイロをたくさん用意しておく。』
    もし冬だと、電気が止まると暖房器具は一切使えないため、家の中も想像以上に寒いです。
    こういう大変な時に風邪をひいている場合ではないので、カイロを用意して、少しでも寒さをしのげるとずいぶん違います。


    『自転車が便利。』
    大地震では、交通手段が断絶される為、どこに行くのも大変です。
    阪神淡路大震災の際は、私が住んでいた地域では、電車が復旧するのに半年間かかりました。
    臨時バスが出ていましたが、非常に混んで、時間も常に大幅に遅れていました。
    そういう状況で便利なのが、自転車です。
    電車2、3駅分なら自転車で十分移動できます。


    備えあれば憂いなし。

    タグ:地震対策 震災

    地震後に役立つ意外な対策
  • 東北地方太平洋沖地震の対処方法

    ドラッカーに学ぶ東北地方太平洋沖地震の対処方法


    今回の東北地方太平洋沖地震は日本中にとても大きな影響を与えました。

    地震が起きたときの対処方法について、今いちど経営の神様と呼ばれているピーター・ドラッカーに学んでみるのもいいかもしれません。




    【くよくよしないで前を向く】

    「失敗者が何をして失敗したかよりも、成功者が何をして成功したかを学びなさい。」

    ドラッカーは自身の著書でこのような言葉を綴っています。

    過去の阪神・淡路大震災で、どのようにして短期間で復興を遂げたのか?ということを学び、被災地以外の人は被災地を支援し、被災地の人は自分たちの街を元の姿に戻すことに?努めるべきです。



    【みんなで力を合わせる】

    「人間は、自分でなければ出来ない、と錯覚していることが多すぎる。」

    ドラッカーは自身の著書でこのような言葉を綴っています。

    人間はおごってしまう生き物ですから、自分だけ特別だ、おれにしかできない、私じゃないと無理、なんていう甘い考えを持っています。

    しかし、誰でもだいたい同じような能力を持っていますから、女性も子どもも皆で力を合わせて支援して、協力しましょう。

    関東圏で我れ先にスーパーで食料品を奪うのも、こういったおごりから生まれています。



    【未来地図を描く】

    「成し遂げたいことに必要な条件を、明確に把握すればするほど、達成される確率は高まっていく。」

    ドラッカーは自身の著書でこのような言葉を綴っています。

    被災地が1年後にどのような姿になっているか、なっていてほしいか、2年後は?3年後は?という地図を描きましょう。

    日本中が協力すれば実現できます。


    東北地方太平洋沖地震に全力で関わっていくことが大事です。

    タグ:地震対策 震災

    東北地方太平洋沖地震の対処方法
  • 「地震酔い」が抜けないアナタへ★いますぐできる対処法

    「地震酔い」が抜けないアナタへ★いますぐできる対処法

    余震が続いている地域では、地震が起こってない時でも「ゆれている!」と感じがちです。これを「地震酔い」と言います。
    対処法をガイドします。


    いつまでも自分が揺れていると感じる・・・
    これは、「地震酔い」と言われているものです。今回の地震は揺れた時間が長く、しかも大きな余震も続いているため地震酔いにかかる方も多いはず。
    「地震酔い」のメカニズムは船酔いや車酔いと同じです。
    視覚情報と三半規管で感じる平衡感覚にズレが生じると自律神経が興奮し、「酔い」の状態になってしまうのです。

    精神的な要因が大きく、「不安感」も原因です。
    車酔いする人がバスの中のにおいで酔いやすくなるのと同じで、「また地震が起こるかも」「大丈夫だろうか」といった不安感が、余震による酔いを増幅させているようです。

    この状態を改善する方法を、NHKの番組で紹介していました。


    -------------------------------------------------------------
    ●軽い運動をして、汗を少しでもかくようにする。
    ●深呼吸をする。鼻から5秒息を吸い、口から10秒吐く。
    ●温かいお茶や、ハーブティを飲む
    ●首の後ろのツボを押す(緊張すると首の後ろ、頭に近いところがこります)
    -------------------------------------------------------------

    報道番組をずっと見続けていると、余計不安になるかもしれません。
    お気に入りのDVDを見るなど、気分転換を図るのもおすすめです。

    タグ:地震酔い 地震対策

    「地震酔い」が抜けないアナタへ★いますぐできる対処法
  • 地震が起こったら、まずはコレ!

    地震が起こったら、まずはコレ!


    激しい地震はいつ、どんな時に起こるかわかりません。
    イザという時のために、地震の時に知っておくべきコトをご紹介します。


    ★ まず水をためろ!

    揺れがおさまったら、まず水!!

    特にマンションに住んでいる方、
    揺れ終わったらすぐに、出来る限り水を貯めましょう。
    揺れてすぐに水道管が壊れて水が出なくなるけど、マンションだったら屋上の貯水槽にまだ水があるので。それを貯めましょう。

    火を消すためではありません。
    飲用でも料理用でもありません。
    「トイレ用」です!!

    都会の地震ならなおさらです。


    ★ 屋内でも靴をはく

    1日の半分は夜です。暗い中で地震に遭遇する確率は1/2です。
    大地震が起こったらすぐ停電してしまうので、夜の7時でも真の闇になります。

    暗いと足もとが全くわからなくなり、ガラスの破片で怪我をする確率が高くなります。

    水がでないから傷口洗えない。清潔にたもてない。
    病院はもっと重症の患者で一杯。
    足の裏を切ると歩けません。足の裏の怪我は致命傷なんです。

    だからまず、とにかく靴を履きましょう!


    ★ 家を離れる時は必ずブレーカーを落とす

    「通電火災」って言葉知ってますか?
    電気はガスや水と違って半日〜3日くらいでかなり復旧します。
    一応電力系の会社が各家を回って人がいるのを確かめてから通電するのが原則らしいのですが、そんなもの不可能なので勝手に通電されることも多いのです。
    で、その時に起こる火事が「通電火災」です。
    実際、阪神大震災での出火原因の6割は通電火災であるとすら言われています。

    地震の後、家を離れる時は、
    ほんの短い時間でも必ずブレーカーを落すようにしましょう。


    ★ 電話はすぐに、最低限の人だけに

    時間帯にもよるけど、揺れがおさまって30分くらいは電話も繋がることが多いです。
    電話する余裕なんかない人も多いし、地震があった地域以外の人はまだニュースを見てなくて知らないことが多いから。

    両親・親戚・恋人、心配してくれそうな友達、会社関係にまず電話しましょう。
    無事を知らせるのです。それだけ。
    とにかく最低限の人数に、無事だけ知らせる。
    そして、知り合いの誰彼に伝えておいて、と一遍に伝言しておくことです。

    電話はライフラインになるので、長話しないようにしましょう。

    なお、新潟大地震では、ケータイ電話は通じなかったけど、
    メールは繋がったらしいです!
    メールはパケットだから時間掛かっても届くみたいです。
    連絡はメールでするのが正解かもしれません。

    タグ:地震対策 震災

    地震が起こったら、まずはコレ!
  • 地震への備え

    地震への備え

    海外でも大地震が起こっていますが
    日本は地震列島と言われるように、地震多発地帯にあります。

    もしも大地震が起こった時、どのように行動したら良いか、家族で一度話し合っておく必要がありそうですね。


    ■避難場所

    地震はいつ起こるかわからないものです。
    夫婦は共働き、子どもは学校、となると家族が別々の場所で地震にあう可能性が高くなります。

    災害に遭ったとき、家族が見あたらない場合の集合場所を決め、折々に確認しあうことが大切です。
    大きな公園、駅、子どもの学校など、誰もがわかりやすく安全な場所を選びましょう。


    ■災害に備える

    大型家具の固定はもちろん、時々収納物を確認しましょう。
    家具を固定しても、倒れてしまう場合だってあります。
    重いもののや割れやすいものの収納は下段に、を徹底させましょう。

    お風呂の水は、できれば次に入る時のために残しておいた方が良いようです。
    水がたくさんあれば、万が一の時の消火に使えますし、断水した時のトイレ用の水としても使えます。


    ■非常用持ち出し袋

    市販されているセットは便利ですが、時々中身の点検をしておきましょう。
    食料の消費期限が過ぎていたり、懐中電灯やラジオの電池が切れていては役に立ちません。

    タグ:地震対策 震災

    地震への備え

全5件中 1〜20件表示  << 最初  < 前へ  1  次へ >  最後 >> 

▲地震対策のページ上へ