ハウツー動画eduTOP > 生活 > 季節対策 > 七夕にそうめんを食べるというしきたりについて知る方法

七夕にそうめんを食べるというしきたりについて知る方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

埋込タグ:
※そのままコピーしてサイト・ブログに貼り付けて下さい

七夕にそうめんを食べるというしきたりについて知る方法の説明・情報

七夕にそうめんを食べるというしきたりについて知る方法

七夕にそうめんを食べるというしきたりがあるのをご存知ですか?
そうめんが白くて長いところから天の川にちなんで食べられるようになったとも言われていますが、他にも謂れがあります。


【そうめんの由来は】 
そうめんは中国より伝来したといわれています。
中国の古代、七月七日に水死した皇帝の子どもが、霊鬼となって人々に悪い病気を流行らせました。
そこで、子どもの好物だった「索餅(さくへい)」を供え、その御霊を鎮めたことから、病気予防のために七月七日に索餅を食べる風習が生れました。
その索餅は、かりんとうのような揚げ菓子でしたが、時代が経つにつれ、その菓子を長く伸ばした「索麺(さくめん)」が生れました。
これがそうめんの原型になったといわれています。


【日本でそうめんが供えられるようになったのは】 
日本でそうめんや冷麦に近いものが七夕に供えられるようになったのは、室町時代のことです。
そうめんの一本一本を織女星(織姫)の紡ぐ糸として、裁縫の上達を祈願しました。
また、星空に流れる天の川に見た目が似ていることもあり、織女への供え物とされました。
蒸し暑い時期に、ひんやりとしたそうめんなら喉ごしよく食べられることから、そうめんを食べる風習が長く続いていると言われます。


【五色のそうめん】 
真っ白いそうめんに数本だけ色のついたものが混じっているものがあります。
これは、白いそうめんを天の川に見立て、色のついた糸を流すことで、五色の色を表現したもので、織女にあやかり手芸や裁縫の上達を願ったのです。
五色の色は、赤、青、黄、白、黒で、それぞれに意味があり、唐の時代より七夕の時には、その色の糸を飾るという風習がありました。
五色の短冊もこのことから続く風習で、それがそうめんに表現されたのです。


七夕の夜には、天の川を眺めながらそうめんを食べましょう。

タグ:そうめん しきたり

カテゴリ:季節対策

関連ハウツー動画

生活のカテゴリ一覧

▲ページ上へ