ハウツー動画eduTOP > 生活 > 災害・緊急時 > 東北地方太平洋沖地震の対処方法

東北地方太平洋沖地震の対処方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

埋込タグ:
※そのままコピーしてサイト・ブログに貼り付けて下さい

東北地方太平洋沖地震の対処方法の説明・情報

ドラッカーに学ぶ東北地方太平洋沖地震の対処方法


今回の東北地方太平洋沖地震は日本中にとても大きな影響を与えました。

地震が起きたときの対処方法について、今いちど経営の神様と呼ばれているピーター・ドラッカーに学んでみるのもいいかもしれません。




【くよくよしないで前を向く】

「失敗者が何をして失敗したかよりも、成功者が何をして成功したかを学びなさい。」

ドラッカーは自身の著書でこのような言葉を綴っています。

過去の阪神・淡路大震災で、どのようにして短期間で復興を遂げたのか?ということを学び、被災地以外の人は被災地を支援し、被災地の人は自分たちの街を元の姿に戻すことに?努めるべきです。



【みんなで力を合わせる】

「人間は、自分でなければ出来ない、と錯覚していることが多すぎる。」

ドラッカーは自身の著書でこのような言葉を綴っています。

人間はおごってしまう生き物ですから、自分だけ特別だ、おれにしかできない、私じゃないと無理、なんていう甘い考えを持っています。

しかし、誰でもだいたい同じような能力を持っていますから、女性も子どもも皆で力を合わせて支援して、協力しましょう。

関東圏で我れ先にスーパーで食料品を奪うのも、こういったおごりから生まれています。



【未来地図を描く】

「成し遂げたいことに必要な条件を、明確に把握すればするほど、達成される確率は高まっていく。」

ドラッカーは自身の著書でこのような言葉を綴っています。

被災地が1年後にどのような姿になっているか、なっていてほしいか、2年後は?3年後は?という地図を描きましょう。

日本中が協力すれば実現できます。


東北地方太平洋沖地震に全力で関わっていくことが大事です。

タグ:地震対策 震災

カテゴリ:災害・緊急時

関連ハウツー動画

生活のカテゴリ一覧

▲ページ上へ