ハウツー動画eduTOP > 投資・不動産 > FX > 【FX講座】テクニカル分析の基本となる 「ローソク足」

【FX講座】テクニカル分析の基本となる 「ローソク足」

このエントリーをはてなブックマークに追加

埋込タグ:
※そのままコピーしてサイト・ブログに貼り付けて下さい

【FX講座】テクニカル分析の基本となる 「ローソク足」の説明・情報

テクニカル分析の基本となる、 「ローソク足」 について、ご説明します。


■ FX講座の内容
・ ローソク足について


■ 今回のポイント
・ 「ローソク足」とは、 始値・終値・安値・高値 の4つの値段を、
 1つの形で表したもののこと。
・ 始値・終値・安値・高値の4つの値段を同時に確認することができるため、
 ローソク足はとても便利である。

・ ローソク足の見方は、真ん中を 「実体」 、上下の線を 「上ヒゲ」 、 「下ヒゲ」 と言う。
・ 始値よりも終値が高い値段で終われば、陽線となり、買い勢力が強いということが分かる。
・ 始値よりも終値が低い値段で終われば、陰線となり、売り勢力が強いということが分かる。

・ 高値をつけて、その後値段が下がってくると、上ヒゲが長いローソク足になり、
 売り勢力が強く、 相場が下落する可能性が高いこと を表している。
・ 安値をつけて、その後値段が上がってくると、下ヒゲが長いローソク足になり、
 買い勢力が強く、 相場が上昇する可能性が高いこと を表している。
・ ローソク足は、始値・終値・安値・高値の4つの値段を確認できるだけでなく、
 相場の強さや状況なども知ることができる。

・ 日足は、1日で1本のローソク足を表示する。
・ 週足は、1週間で1本のローソク足を表示する。
・ 月足は、1ヶ月で1本のローソク足を表示する。
・ 10分足は、10分で1本のローソク足を描く。
・ 10分足など、時間の短い足は、 エントリーをするタイミングをつかむとき によく使用する。
・ ローソク足を組み合わせて見ることで、 いろいろな相場のパターンや今後の値動き も
 予想することもできる。


■ 本動画で使用しているチャートについて
本動画で使用しているチャートは、 優れたチャート機能を提供している FXプライム を
使用しています。

■ 次回のFX講座について
相場の方向性を確認できる 「トレンドライン」 についてご説明します。

関連ハウツー動画

投資・不動産のカテゴリ一覧

▲ページ上へ