ハウツー動画eduTOP > 投資・不動産 > FX > 【FX講座】相場の方向性を確認できる 「トレンドライン」

【FX講座】相場の方向性を確認できる 「トレンドライン」

このエントリーをはてなブックマークに追加

埋込タグ:
※そのままコピーしてサイト・ブログに貼り付けて下さい

【FX講座】相場の方向性を確認できる 「トレンドライン」の説明・情報

相場の方向性を確認するために、チャート上に描く 「トレンドライン」 について、ご説明します。


■ FX講座の内容
・ トレンドラインについて


■ 今回のポイント
・ トレンドラインとは、 相場の方向性を確認するために、チャート上に描く線 のこと。
・ トレンドラインには、ローソク足の安値と安値を結んだ 「下値支持線 (サポートライン)」 と
 ローソク足の高値と高値を結んだ 「上値支持線 (レジスタンスライン)」 の2つがある。

・ トレンドラインを引く目的は、 相場が、現在どのような状況であるかを確認する ため。
・ トレンドラインが右肩上がりなら、上昇トレンドを意味している。
・ トレンドラインが右下に下がっているなら、下降トレンドを意味している。
・ 下値支持線と上値支持線が横に水平に引かれているときは、 「レンジ相場 (ボックス相場)」
 といって、トレンドが出ていない状態になっていることが分かる。
・ FXで利益を取るためには、現在の相場がトレンドが出ている状態なのか、トレンドが
 出ていないボックス相場なのかを確認することが必要。

・ トレンドラインを引くことで、 買いポイントと売りポイントも知ること ができる。
・ 投資家の多くはチャートを見ながら売買しているため、下値支持線は重要な買いポイント
 として認識している人がとても多い。
・ 下値支持線付近では買い圧力が高まり、上値支持線では売り圧力が高まるため、相場は、
 この2つのトレンドラインの中で、上下を繰り返しながら、動くことがとても多い。

・ 通常は、下値支持線に近づくほど買いの圧力が強くなり、上値支持線に近づくほど、
 売りの圧力が強くなるが、そのラインを突き抜けることを 「ブレイク」 と言う。
・ 一旦レンジを抜けてブレイクすると、一気に値が動くことがよくある。
・ FXを含めて、投資では、トレンドに逆らって利益を得ることはできないため、トレンドや
 現在の相場の状態を確認することができるトレンドラインを引くことは、本当に重要。


■ 本動画で使用しているチャートについて
本動画で使用しているチャートは、 優れたチャート機能を提供している FXプライム を
使用しています。


■ 次回のFX講座について
市場参加者の売買価格の平均値にとても近い、「移動平均線」 についてご説明します。

タグ:FX講座 相場 トレンドライン

カテゴリ:FX

関連ハウツー動画

投資・不動産のカテゴリ一覧

▲ページ上へ