ハウツー動画eduTOP > 投資・不動産 > FX > 【FX講座】移動平均線を上下に乖離させた 「エンベロープ」

【FX講座】移動平均線を上下に乖離させた 「エンベロープ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

埋込タグ:
※そのままコピーしてサイト・ブログに貼り付けて下さい

【FX講座】移動平均線を上下に乖離させた 「エンベロープ」の説明・情報

移動平均線を上下に乖離させた 「エンベロープ」 について、ご説明します。

■ FX講座の内容
・ エンベロープについて


■ 今回のポイント
・ エンベロープとは、 移動平均線を上下に乖離させた線 のこと。
 (乖離とは、 「離れている」 という意味)

・ エンベロープの考え方は、市場参加者の売買価格の平均値にとても近い移動平均線から、
 通貨の値段が離れすぎると、 いつかは戻ってくる ということ。
・ 移動平均線からの乖離があまりにも大きいと、それは買われすぎ・売られすぎということになり、
  相場が反転する可能性 も高くなる。

・ エンベロープのデメリットとしては、強いトレンドの発生時には、乖離率をどんどん
 超えていくこともあるということ。


■ 本動画で使用しているチャートについて
本動画で使用しているチャートは、 優れたチャート機能を提供している FXプライム を
使用しています。


■ 次回のFX講座について
トレンドについていくための 「パラボリック」 についてご説明します。

タグ:FX講座 移動平均線 エンベロープ

カテゴリ:FX

関連ハウツー動画

投資・不動産のカテゴリ一覧

▲ページ上へ