ハウツー動画eduTOP > 投資・不動産 > FX > 【FX講座】価格だけを対象とする 「ポイント&フィギュア」

【FX講座】価格だけを対象とする 「ポイント&フィギュア」

このエントリーをはてなブックマークに追加

埋込タグ:
※そのままコピーしてサイト・ブログに貼り付けて下さい

【FX講座】価格だけを対象とする 「ポイント&フィギュア」の説明・情報

純粋に価格の動きだけを対象として、トレンドの方向を見る
「P&F(ポイント&フィギュア)」 について、ご説明します。


■ FX講座の内容
・ ポイント&フィギュアについて


■ 今回のポイント
・ ポイント&フィギュアは、 純粋に価格の動きだけを対象として、
 トレンドの方向を見るテクニカル分析 のこと。
・ 計算式もなく、 チャート上に ○ と × をつけるだけ のシンプルなもの。

・ 価格が上昇している場合は × を上に書いていき、価格が下落している場合は、
 ○ を下に書いて行く。
・ いくら価格が動いたら × もしくは ○ をつけるのかは自由に決められる。
 (FXでよく使用されるのは、価格が10銭動いたら、 × もしくは ○ をつける方法)

・ たとえば、10銭上昇したら × を書いて、さらに10銭上昇したら × を上に書く。
 そして上昇が止まり、そこから30銭下落したら、次の列に ○ を書く。
 なお、次の列に移るときは、1枠開けてから × か ○ を書く。

・ ポイントは、 「30銭値が動いたら次の列に移動して、移動したときには、
  × か ○ を3枠分、まとめて書き足す」 ということ。
・これを 「3枠転換」 と言って、3枠分の動きがあったときに、初めて × か ○ を追加する。
 そのため、 × か ○ は、必ず1列に3つ以上書かれる形になる。

・ 売買ポイントは、基本的には × が付いたら買い、 ○ がついたら売る。
・ ポイント&フィギュアは、トレンドには逆らわないため、 トレンドにのって利益を伸ばし、
 損失は小さくすることができる。
・ デメリットは、狭い範囲のレンジ相場のときは、利益が取れずに損をしてしまうことが
 あるということ。

・ ポイント&フィギュアは、ファンダメンタル要因や自分の感情などをすべて排除して、
 純粋に価格の変動のみから売買ポイントを決めるため、機械的に取引をしたい方にオススメ。


■ 本動画で使用しているチャートについて
本動画で使用しているチャートは、 優れたチャート機能を提供している FXプライム を
使用しています。

■ 次回のFX講座について
相場の買われすぎ・売られすぎを見る、 「RSI」 についてご説明します。

タグ:FX講座 ポイント&フィギュア

カテゴリ:FX

関連ハウツー動画

投資・不動産のカテゴリ一覧

▲ページ上へ