ハウツー動画eduTOP > 投資・不動産 > FX > 【FX講座】相場の買われすぎ・売られすぎを見る 「RSI」

【FX講座】相場の買われすぎ・売られすぎを見る 「RSI」

このエントリーをはてなブックマークに追加

埋込タグ:
※そのままコピーしてサイト・ブログに貼り付けて下さい

【FX講座】相場の買われすぎ・売られすぎを見る 「RSI」の説明・情報

相場の買われすぎ・売られすぎを見るために使用する、 「オシレーター系」 の
テクニカル指標である、 「RSI」 について、ご説明します。


■ FX講座の内容
・ RSIについて


■ 今回のポイント
・ RSIとは、 相場の買われすぎ・売られすぎを見るため に使用する、
 「オシレーター系」 のテクニカル指標のこと。
・ 「オシレーター」 とは、振り子を意味して、元の位置に戻ろうとする力のこと。

・ RSIの見方は、100%に近づくほど過熱感があるため、相場では、75%以上は
 買われすぎであるため売り時、25%以下は売られすぎであるため買い時と言われている。
・ RSIは、相場の方向性が無いボックス相場のときは有効。
・ ただ、強いトレンドが発生しているときは、RSIは常に100%に近い数字で
 張り付いていることもあるため、注意が必要。


■ 本動画で使用しているチャートについて
本動画で使用しているチャートは、 優れたチャート機能を提供している FXプライム を
使用しています。


■ 次回のFX講座について
投資家の心理に基づいて売買ポイントを決める 「サイコロジカル」 についてご説明します。

タグ:FX講座 相場 RSI

カテゴリ:FX

関連ハウツー動画

投資・不動産のカテゴリ一覧

▲ページ上へ