ハウツー動画eduTOP > 投資・不動産 > FX > 【FX講座】相場の買われすぎを見る 「ストキャスティクス」

【FX講座】相場の買われすぎを見る 「ストキャスティクス」

このエントリーをはてなブックマークに追加

埋込タグ:
※そのままコピーしてサイト・ブログに貼り付けて下さい

【FX講座】相場の買われすぎを見る 「ストキャスティクス」の説明・情報

相場の買われすぎ・売られすぎを見る、 「ストキャスティクス」 について、ご説明します。


■ FX講座の内容
・ ストキャスティクスについて


■ 今回のポイント
・ ストキャスティクスは、RSIと同じように、 相場の買われすぎ・売られすぎ を見るために
 使用する、 「オシレーター系」 のテクニカル指標のこと。
・ ストキャスティクスは、 「%K (Kライン)」 と 「%D (Dライン)」 という2つの線を使用する。
・ 分析には、Dラインをよく使用する。
・ KラインよりもDラインの方が滑らかな線となり、Dラインが75%以上は買われすぎ、
 Dラインが25%以下は売られすぎと判断する。

・ KラインとDラインが、買われすぎレベル、もしくは売られすぎレベルで交差したときは、
  トレンドが反転するサイン と言われている。
・ たとえば、KラインDラインが共に75%以上のところで推移して、Kラインが
 Dラインを下に抜けたときは、売りを仕掛ける形が一般的。

・ ストキャスティクスは、相場の上下に敏感に反応するため、売買サインが頻繁に
 出過ぎてしまうというデメリットもある。
・ そこで、ストキャスティクスよりも、さらに滑らかにした 「Slow%D(スローDライン)」 と
 「Dライン」 を使用して分析する、 「スロー・ストキャスティクス」というものもある。


■ 本動画で使用しているチャートについて
本動画で使用しているチャートは、 優れたチャート機能を提供している FXプライム を
使用しています。


■ 次回のFX講座について
売買ポイントが移動平均線ととても似ていている、 「MACD」 についてご説明します。

タグ:FX講座 相場 ストキャスティクス

カテゴリ:FX

関連ハウツー動画

投資・不動産のカテゴリ一覧

▲ページ上へ