ハウツー動画eduTOP > 投資・不動産 > FX > 【FX講座】売買が移動平均線と似ている 「MACD」

【FX講座】売買が移動平均線と似ている 「MACD」

このエントリーをはてなブックマークに追加

埋込タグ:
※そのままコピーしてサイト・ブログに貼り付けて下さい

【FX講座】売買が移動平均線と似ている 「MACD」の説明・情報

売買ポイントの見方が移動平均線と似ている 「MACD」 について、ご説明します。


■ FX講座の内容
・ MACDについて


■ 今回のポイント
・ MACDも、RSIと同じオシレーター系のテクニカル指標だが、
  売買ポイントの見方は、 「移動平均線」 と、とても似ている。
・ MACDは、 「MACD」 と 「シグナル」 という2つのラインを使用する。
・ MACDのラインがシグナルのラインを上に抜いたときが買いのサイン、逆に、
 MACDのラインがシグナルのラインを下に抜いたときは売りのサインとなる。

・ MACDがシグナルを上に抜いて買いシグナルが出た後に、2本の線がゼロの目盛りを
 上抜けば、 買いのシグナルはかなり強い という見方もできる。
・ MACDの売買サインは、移動平均線と同じように、売買ポイントのシグナルが出る
 タイミングが、どうしても遅れるということに注意する。


■ 本動画で使用しているチャートについて
本動画で使用しているチャートは、 優れたチャート機能を提供している FXプライム を
使用しています。


■ 次回のFX講座について
相場の行き過ぎと相場が反転するタイミングを知る 「ボリンジャーバンド」 についてご説明します。

タグ:FX講座 移動平均線 MACD

カテゴリ:FX

関連ハウツー動画

投資・不動産のカテゴリ一覧

▲ページ上へ