ハウツー動画eduTOP > 投資・不動産 > FX > 【FX講座】相場の上げ幅と下げ幅を予測する 「フィボナッチ」

【FX講座】相場の上げ幅と下げ幅を予測する 「フィボナッチ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

埋込タグ:
※そのままコピーしてサイト・ブログに貼り付けて下さい

【FX講座】相場の上げ幅と下げ幅を予測する 「フィボナッチ」の説明・情報

相場の上げ幅と下げ幅を予測する 「フィボナッチ」 について、ご説明します。


■ FX講座の内容
・ フィボナッチについて
・ 黄金比について


■ 今回のポイント
・ フィボナッチは、黄金比を用いて、 相場の上げ幅と下げ幅を予測する テクニカル指標のこと。
・ 「黄金比」 とは、私たちが自然界の中で最も美しいと感じられる比率のこと。

・ たとえば、長方形の形は、1対1.618の形が、最も美しい形であるといわれている。
・ この 「1.618」 という比率のことを 「黄金比」 と言って、ギリシャのパルテノン神殿の
 縦横の比率や、ミロのビーナスの彫刻にも、黄金比が多く見られる。
・ そして、 「黄金比」 を相場に応用したテクニカル指標が、 「フィボナッチ」 である。

・ チャートの値動きは、過去の相場の値動きに対して、一定の比率で
 上下を繰り返すと考えられている。
・ 相場の高値と安値を指定して、安値から38.2%、半戻しの50%、また、
 61.8%のところまで相場が戻ると予想できる。
・ 相場が下落して、その後の反転が弱い場合は38.2%まで戻ると予想できるし、
 相場の反転が強い場合は、61.8%程度の戻しと予想できる。

・ フィボナッチは、 利食いの値段や、押し目買いの値段を予想するため に使用する。
・ もちろん、必ずこの比率で常に相場が反転するわけではないので、参考程度に使うようにする。


■ 本動画で使用しているチャートについて
本動画で使用しているチャートは、 優れたチャート機能を提供している FXプライム を
使用しています。


■ 次回のFX講座について
相場で利益を上げる方法をお伝えします。

関連ハウツー動画

投資・不動産のカテゴリ一覧

▲ページ上へ