ハウツー動画eduTOP > 趣味 > 写真 > デジタル一眼レフカメラ入門 - 高画質なカメラを選ぶ方法(センサーの種類について)

デジタル一眼レフカメラ入門 - 高画質なカメラを選ぶ方法(センサーの種類について)

このエントリーをはてなブックマークに追加

埋込タグ:
※そのままコピーしてサイト・ブログに貼り付けて下さい

デジタル一眼レフカメラ入門 - 高画質なカメラを選ぶ方法(センサーの種類について)の説明・情報

高画質なカメラを選ぶには何を参考にすれば良いのかを紹介します。

STEP1:画素よりもセンサーサイズをみる
店頭などで「○○万画素」とうたう商品が多いので、「画素数」の多いカメラが高画質だと思いがちですが、実は「画素数」よりも「センサー(撮像素子)」の方が重要です。一般的には「センサーのサイズ」が大きいカメラほど高画質な写真を撮ることができます。

画素数も画質に影響しますが、センサーサイズの方がより画質に与える影響は大きいです。※メーカーや機種によって違いはあります。

STEP2:センサーサイズの種類を知る
実際にどんなサイズがあるのかを知っておきましょう。市販のカメラでよく見受けられるサイズでは以下のようなものがあります。

・フルサイズ
フルサイズは「35mmフルサイズ」とも呼ばれ、一般的な35mmフィルムカメラと同等の取り扱いが可能とされており、とても高価です。

・APS-C
APS-Cのセンサーを使用することでカメラやレンズの小型化が可能になり、製造コストを抑えることができました。現在ではアマチュア用の一眼レフカメラの主流になっています。

・フォーサーズ
望遠レンズが軽量化・小型化でき、レンズ全般との相性問題が少ないのが特長です。暗所での高感度撮影に比較的弱く、ピンボケ表現に弱いというデメリットもあります。

・1/2.3型など
1/2.3型はコンパクトデジタルカメラで多く採用されているサイズです。他にも1/2型や1/1.5型などを搭載したコンパクトデジタルカメラがありますので、搭載されているセンサーのサイズを確認して選ぶようにしましょう。

関連ハウツー動画

趣味のカテゴリ一覧

▲ページ上へ