ハウツー動画eduTOP > 美容・健康 > 美容全般 > 女性ホルモンを活性化させる方法

女性ホルモンを活性化させる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

埋込タグ:
※そのままコピーしてサイト・ブログに貼り付けて下さい

女性ホルモンを活性化させる方法の説明・情報

女性ホルモンを活性化させる方法

女性がイキイキとしていられるのは、女性ホルモンのおかげです。
ホルモンをたくさん出すと、もっときれいになれるのです。
イキイキとしていられる方法をご紹介します。


【ライフサイクル】
働く女性が多い現在では、女性が会社で管理職を務めることも 珍しくなくなっています。
家庭では、育児や家事など疲れが溜まっています。

自分では気づかないうちにストレスが蓄積されています。
ときには、こころの声に耳を傾けてみます。


【ストレスが多いと】
生理不順になったり、お肌が荒れたりします。
生理不順の原因は、脳の視床下部の働きが上手くいかなくなり起こります。
「脳を休める」ことが大切です。
生活のパターンを見直すと、いいです。


【2種類のホルモン】
女性の生理を司るホルモンは、黄体ホルモンと女性ホルモンです。
黄体ホルモンは、プロゲステロン。
女性ホルモンは、エストロゲン。といいます。
どちらも大切な働きをします。


【お薬と自然療法】
ストレスや年齢により、ホルモンが不足していると感じるときは、産婦人科へ行くいくことをお進めします。
血液検査・内診・エコー検査・問診などを行ない、治療方針を決めます。
内服薬の処方が一般的ですが、場合により注射療法があります。

一時的に内服をしていて、ある日突然 お薬が不要になることがあります。
これが、自然療法です。


【もっときれいに】
恋をするとキレイになる説は、女性ホルモンが活発になるからです。
そして、いいセックスをすることです。
いいセックスをすると、脳からドーパミンという物質が出て安心感が与えられます。(幸せホルモン)
また、女性器は定期的にオーガズムに達することにより、雑菌の繁殖を抑えられます。(自己管理もOK)

これで、ホルモンを活性化できます。


ポイント
◆黄体ホルモンが不足していても、女性ホルモンが足りている場合は
内服薬で経過をみます。

◆自分のホルモンバランスや婦人科特有の病気の早期発見につながるため、
産婦人科への受診をお勧めします。

◆パートナーがいない人ほど、自己管理が大切です。

タグ:女性ホルモン

カテゴリ:美容全般

関連ハウツー動画

美容・健康のカテゴリ一覧

▲ページ上へ