ハウツー動画eduTOP > 美容・健康 > 肌ケア > 頑固な"シミ"を改善する美白方法

頑固な"シミ"を改善する美白方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

埋込タグ:
※そのままコピーしてサイト・ブログに貼り付けて下さい

頑固な"シミ"を改善する美白方法の説明・情報

頑固な"シミ"を改善する美白方法

美白ケアをしているのに、居座り続ける頑固なシミを改善する美白方法をご紹介します。


多くの美白化粧品は"日焼け止め"的なもの
美白成分の多くは新たにメラニン色素が作られるのを抑制するというのが働き。紫外線などを浴びると、細胞にエラーが起こりメラニン色素を作りやすい状態になってしまいます?ので、それを抑制してくれるのです。
ではなぜ美白になるのかというと、新たなメラニンさえ作らなければ、すでにできてしまったメラニンがターンオーバーにより排泄されれば肌は元通りになるというわけです。


輪郭がはっきりしたシミはなかなか消えない
とはいえどんなに美白化粧品を使っていても、シミはなかなか消えません。
すでに輪郭ができてしまっているほどのシミは、重くてなかなか肌表面までのぼってこないため、美白化粧品だけでは改善しづらいのです。


肌の内外からビタミンCを摂取する
ビタミンCには褐色メラニンを淡色化させるという働きがあります。ですから美白化粧品の中でもビタミンc誘導体がたっぷりと含まれるものがおすすめです。
また体の内側からの補給も大切です。ビタミンCは体全体で必要としています。
ですから少ない量では"生きるために必要な機能"に優先的に回されますので、肌に使わせるためにはたっぷり補給する必要があります。またシミに対してはある一定の量を継続?して摂取しなければ、ほとんど効果がないということもわかっています。
ですから食事でビタミンcを多く摂るよう心掛けている程度では足りないのです。シミ改善用のビタミンc製剤を使うなどして、しっかり摂取してください。


古い角質をピーリングする
肌の生まれ変わりであるターンオーバーのサイクルは、年齢とともに長くなってしまいます。その分メラニンを含んだ古い角質が肌に居座ることになりますので、定期的にピーリ?ングをして古い角質を取り除くことが大切です。

ふき取り用美白化粧水は、穏やかなピーリング作用によって美白を叶えるものです。ほかにも穏やかな酸によって角質を柔軟化させて取り除くもの(AHA配合の石鹸など)や、?あかすりのように粒子によって物理的に角質を除去するスクラブなど、方法はさまざま。肌の強さや使いやすさによって選びましょう。

ピーリング石鹸を使う時は、泡立てて2分ぐらい肌の上に泡を置いてから洗顔をすると効果的です。


ビタミンA、Eを加えればアンチエイジングにも
ビタミンA(レチノール)は新陳代謝を促す栄養素なので、ターンオーバーも整えていくことができます。配合されている化粧品も多いので探してみましょう。

ビタミンEはビタミンCが活性酸素(これもシミの原因)によって酸化されても、還元してまた抗酸化できる状態に戻してくれるため、効率よくアンチエイジングができます。

これがビタミンA、C、Eが美肌のビミタンACE(エース)と呼ばれる理由なのです。


それでも消えないシミは医療に頼る
それでもシミが濃くなりすぎていると、セルフケアでは改善できない場合もあります。そのような場合はコンシーラーなどで上手に隠すしかありませんが、どうしても気になるな?らレーザーで取り除くことも可能です。
また皮膚科によってはシミ用の処方薬を用意していることもあります。化粧品よりもずっと強いので、興味があれば美容皮膚科に相談してみましょう。


左右対称の灰色のシミは薬で治す
目の下辺りにぼんやりと左右対称に現れるシミは肝斑の可能性があります。
肝斑の場合は通常の美白では効果がありませんし、レーザー治療もできません。
肝斑専用の治療薬「トランシーノ」で改善していきましょう。

タグ:シミ 美白

カテゴリ:肌ケア

関連ハウツー動画

美容・健康のカテゴリ一覧

▲ページ上へ