ハウツー動画eduTOP > 美容・健康 > 人体の構造 > 人体の構造・病理学 :脳卒中

人体の構造・病理学 :脳卒中

このエントリーをはてなブックマークに追加

埋込タグ:
※そのままコピーしてサイト・ブログに貼り付けて下さい

人体の構造・病理学 :脳卒中の説明・情報

人体の構造・病理学で脳卒中についての解説動画です。

脳卒中とは脳の血管が詰まったり破れたりして、意識障害が現れたり、それに伴う運動障害がおきる病気です。
脳の血管が詰まるものを脳梗塞と言い、脳の血管が破れてしまうのもを脳出血と言います。
まず、脳梗塞には三つのタイプがあります。
脳の太い血管が内側にドロドロのコレステロールの固まりができ、そこに血小板が集まって動脈をふさいでしまうアテローム血栓梗塞」
続いて脳の細い血管に動脈硬化が起こり、詰まってしまう「ラクナ梗塞」
最後は心臓に出来た血栓が流れてきて、血管をふさいでしまう「心原性脳梗塞」などがあり脳卒中の死亡率60%を占めます。
脳出血は脳卒中死亡率の約25%を占めており、高血圧や、年をとって脳の血管が弱くなり、血管が破れることが原因となる場合が多いです。
くも膜下出血
脳は三層の膜に覆われています。外側から硬膜、くも膜軟膜です。この中のくも膜と軟膜のあいだにある動脈瘤が破れ、膜と膜の間にあふれた血液が脳全体を圧迫してしまいます?。脳卒中死亡率の約10%になります。
最後は一過性脳虚血発作です。
脳の血管がつまりますが、24時間以内に回復するものをいいます。ただし、脳梗塞の前触れ発作ともいわれています。

関連ハウツー動画

美容・健康のカテゴリ一覧

▲ページ上へ