ハウツー動画eduTOP > 美容・健康 > 人体の構造 > 人体の構造 :伸張反射

人体の構造 :伸張反射

このエントリーをはてなブックマークに追加

埋込タグ:
※そのままコピーしてサイト・ブログに貼り付けて下さい

人体の構造 :伸張反射の説明・情報

人体の構造の伸張反射についての解説動画です。

筋が適切に働く為には、筋の情報を中枢に送り、情報が統合されなければなりません。求心性の情報は筋の中にある筋紡錘と腱の中にあるゴルジ腱紡錘の2種類があり、張力受容?器によって脊髄に伝えています。

筋が伸ばされると筋紡錘が興奮し、Ia群線維を介して脊髄の後根を通り後角に入ります。前角にある運動性神経細胞(α細胞)を介してα運動線維に伝わり、筋を収縮させます?。

ストレッチを行う際はこの伸張反射を理解して行うと良いと思います。
例えば反動をつけて行うバリスティックストレッチでは伸張反射を招きやすいため、伸張反射を招かないような負荷で反動をつけることが必要になります。

タグ:人体の構造 伸張反射

カテゴリ:人体の構造

関連ハウツー動画

美容・健康のカテゴリ一覧

▲ページ上へ