ハウツー動画eduTOP > 自動車・バイク > タイヤ交換(車) > 自動車整備 :スペアタイアの交換方法

自動車整備 :スペアタイアの交換方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

埋込タグ:
※そのままコピーしてサイト・ブログに貼り付けて下さい

自動車整備 :スペアタイアの交換方法の説明・情報

車のスペアタイアの交換方法の解説動画です。
タイヤがパンクしたときに修理工場やガソリンスタンドまで走行する為にはパンクしたタイヤを外して「スペアタイヤ」に交換する必要があります。 手順は簡単ですが、初めてだとパニックになる可能性があります。 そこで、この動画を見てあらかじめ練習して下さい。 また、新車を買った場合や会社のクルマの場合も予習しておくと便利です。 スペアタイヤは別名で「応急タイヤ」「テンパータイヤ」「テンポラリータイヤ」とも呼ばれます。

■スペアタイヤを交換出来る利点
・パンクしてもパニックにならずにスムーズに交換出来ます。
・もしかしたら、周りから注目されるかも知れません。
・異性にモテるかも知れません。 特に男性が女性に
・時間が無駄になりません。ビデオ撮影の時間が無駄になりません。
・速攻でパンクしたタイヤを外すため、タイヤが修理できる可能性がある。タイヤなんか買うくらいなら楽しいデジタルガジェットを買えます。

■交換手順
1.トランクや荷室(ラゲージ)からスペアタイヤと工具を取り出す。
2.工具を確認する。 ジャッキ、レンチ
3.輪留め(歯止め)に使う石ころを二個探す。(本物の輪留めならなお可)
4.自動車の説明書を熟読しておく
5.MT車ならギアロック(1速又はバック)する。 AT車ならPレンジに入れる
6.サイドブレーキの二段引きを確認(引かれていることを確認)する
7.車両のドアは全て閉める
8.輪留め(石ころ)をタイヤにつける。
9.接地した状態でナットを半回転くらい緩める(対角線上で緩めること)
10.タイヤが完全に浮くまで慎重にジャッキアップする
11.ナットを完全に外してパンクしたタイヤを外します。
12.スペアタイヤをはめ、本締めをしない状態までナットを締める
13.ジャッキを緩めてスペアタイヤを接地させる
14.ナットを本締めする
15.パンクしたタイヤや工具をクルマの中に忘れずに戻す
です。

■注意
・必ず一人で作業して下さい。複数人での作業は禁止
・ドアなどは全て閉めて作業すること
・ギアはMTならローかバック、ATならPレンジ、サイドブレーキは二段引き確認
・ジャッキアップ中はクルマの下に体を入れない
・スペアタイヤをはめたら速攻で修理工場へ行って下さい。スペアタイヤでの運行禁止

是非、何も無いときに予行演習をしておいて下さい。

関連ハウツー動画

自動車・バイクのカテゴリ一覧

▲ページ上へ