ハウツー動画eduTOP > 転職・ビジネス > ビジネス全般 > 読みやすい文章を書くコツ

読みやすい文章を書くコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

埋込タグ:
※そのままコピーしてサイト・ブログに貼り付けて下さい

読みやすい文章を書くコツの説明・情報

読みやすい文章を書くコツ

読み手にとって読みやすい文章を書くコツをご紹介します。


★文体を統一する
語尾の「です・ます」や「だ・である」を統一すると、文全体の調子にリズム感や統一感が出て、文章全体がまとまり、流れるように読みやすくなります。

また、「です・ます」は優しく柔らかい印象を与え、「だ・である」は断定的で厳しく引き締まった雰囲気になります。

論文やレポートなどは「だ・である」が一般的で説得力をもたせることができます。
文章の内容にも合わせて使い分けましょう。


★具体的な単語を使う

例えば、「子どもが本を探す」よりも「高校生の息子が参考書を探す」にすると、より読み手に状況を正確に伝えることができます。

単語を具体的にすると、書き手と読み手とのギャップも少なくなり、誤解を回避することができます。


★1文を簡潔に

ダラダラと長い文章は読んでいて、書き手の意図もぼやけるしテンポもよくありません。
1文を簡潔にすると、文章全体のテンポ・リズムもよくなり読みやすくなります。

この時、接続詞・指示代名詞を多用しないことにも注意すると、簡潔な文章を書きやすくなります。

文が長くなりそうな時は思い切って「。」で区切り新たな1文を作ると、文章全体がスッキリとなります。


ビジネス文書だけでなく、手紙や日記にも役立ててみましょう♪

タグ:文章 コツ

カテゴリ:ビジネス全般

関連ハウツー動画

転職・ビジネスのカテゴリ一覧

▲ページ上へ