ハウツー動画eduTOP > 転職・ビジネス > 接客マナー・テク > 愛されキャバ嬢になる方法29 『続・予定の聞き方』

愛されキャバ嬢になる方法29 『続・予定の聞き方』

このエントリーをはてなブックマークに追加

埋込タグ:
※そのままコピーしてサイト・ブログに貼り付けて下さい

愛されキャバ嬢になる方法29 『続・予定の聞き方』の説明・情報

毎回同じことを言っていると思いますが、いつの何時にどこでという約束をしてしまうと、
その日にアウトになると、その時点でその方との縁が切れてしまいうので、
どちらかを選択しなければいけないことになります。

それを徐々に詰めていくという法則ですが、例えば「来月の終わりぐらい」と
言ったら、来月の終わりの少し手前で連絡します。

「来月の終わりぐらいって言っていたけど、いつぐらい?」
と電話で聞きます。

「今週かなあ」

「今週って、最初の方、終わりの方、週末? 週末は忙しくて、
ずっと一緒にいられるかわからないから、平日の方が美穂は嬉しい」
と誘導します。

「大丈夫、火曜か水曜に行くようにするよ」

ここで行くという言葉を出させているわけです。この時点で約束しています。

これを破ると貸しを作っているわけです。

早い時間、暇な時間に来てもらいたい場合は「何時ごろに会えるの?」
「来てくれるの?」ではなくて「会えるの?」です。

「もし、早い時間に空いているのだったら、一緒にご飯を食べて一緒に行こうよ」

デートに行くみたいですね。でも店です。

デートの約束をするのに遠回しに答える人はいないと思います。

徐々に、いつなのか、何時なのか、どこなのか、
1個ずつ約束して確定させていくことがコツだと思います。

関連ハウツー動画

転職・ビジネスのカテゴリ一覧

▲ページ上へ